ご挨拶

世界に通用する「デザイン&エンジニアリング企業」を目指して

代表取締役CEO 服部 正太

代表取締役社長 服部 正太

当社は1956年の創業以来、「知の循環」から生まれる「工学知(エンジニアリング)」を用い、多種多様なイノベーションを創出してまいりました。
学問的な知識を社会に活かすための方策を考える。社会の問題を学問的知識の活用によって解決する。
そのために、当社の組織に蓄積された「組織知」に加え、大学・研究機関と共同研究の中で培った「学問知」、お客様との協業の中で培った「経験知」を融合し、生み出された「工学知」を使って先進的なビジネステーマ・技術に取り組んでまいりました。

そうした実践を繰り返すことで、建物(人工建築物)の構造設計業務のみならず、構築物を取り巻く自然と環境(地震、津波、風など)の解析やシミュレーションを行う業務、社会・コミュニティの抱える問題の解決を支援する業務を展開してきております。今後も特定の分野に固執することなく、社会のニーズを的確にとらえ、ビジネスの場(機会)と面(領域)を広げていき、世界に通用する「デザイン&エンジニアリング企業」を目指し邁進いたします。また、最大の価値は質の高さであると信じ、提供するサービスやソリューションの品質を継続して追求してまいります。

今後ともより一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2015年9月吉日

代表取締役社長CEO 服部 正太 Shota Hattori