ソリューション

リアルタイム河川水位・洪水予測技術「RiverCast」

近年、豪雨に伴う急激な川の増水により、各地で洪水被害が発生しています。弊社は最先端の数理工学を活用し、水位と雨量データのみからリアルタイムに河川水位を予測する技術「RiverCast」を開発しました。本技術により、早期の避難判断や河川周辺の施設・工事現場でのオペレーションを支援します。

関連キーワード

インフラ安全管理,カオス時系列解析,ダム流入量予測,リアルタイム予測,中小河川水位予測,水害,河川工事,河川水位予測,洪水予測/機械学習

WEBサイト別ウインドウが開きます PDFカタログ別ウインドウが開きます

ソリューション概要

近年、豪雨に伴う急激な川の増水により、各地で洪水被害が発生しています。弊社は最先端の数理工学を活用し、水位と雨量データのみからリアルタイムに河川水位を予測する技術「RiverCast」を開発しました。本技術により、早期の避難判断や河川周辺の施設・工事現場でのオペレーションを支援します。

カオス時系列解析による最先端の河川予測水位・ダム流入量予測技術

構造計画研究所のリアルタイム河川水位予測技術「RiverCast」は、東京大学との社会連携研究部門において共同開発したカオス時系列解析技術を元に、河川水位・ダム流入量をリアルタイムに予測する技術です。本技術は次のような特徴があります。

特徴

水位データから短期間でモデル作成

必要データは、予測地点での過去の河川水位のみ。流量や河川形状、地形・地質データは不要です。対象地点の河川水位さえあれば、弊社で用意する雨量データと合わせて短期間で高精度の予測モデルを作成します。

未経験の洪水規模も予測

ニューラル・ネットワークを始めとしたブラックボックス的な手法では、未経験の洪水規模で予測が不安定になる場合があります。弊社の手法では、カオス時系列解析により過去洪水との乖離幅を直接計算できるため、安定した予測が得られます。

データの蓄積により予測精度が向上

水位上昇時のデータ蓄積により、モデルの性能が向上します。新たに予測モデルを作り直さずとも、精度の向上を図ることができます。

ソリューション活用分野

中小河川の水位予測

自治体の水防活動に予測水位を活用。豪雨時の中小河川の氾濫危険性を数時間前に予測することで、避難勧告・指示の発令を支援します。職員の召集や避難所開設等、事前準備にも役立ちます。

ダム貯水管理

渇水期と豊水期で適切な排水操作が求められるダム管理。カオス時系列解析を用いた高精度な流入量予測により、ダム操作の意思決定を支援します。

大規模インフラの安全管理

数多くの橋梁に対し監視が求められる鉄道運行。高精度な河川水位予測により、運行の見通し、余裕を持った体制判断を支援します。

工事現場や工場、施設等における安全管理、被害防止

河川周辺での作業が求められる現場や工場、施設を対象に、当該河川の水位予測により、余裕を持った体制判断を支援。安全確保、重機や設備の被害防止に繋がります。

ソリューションに関するお問い合せ

事業開発部 気象防災ビジネス室

TEL: 03-5342-1252

FAX: 03-5342-1253

E-Mail: weather@kke.co.jp

https://www.weather.kke.co.jp/別ウインドウが開きます