ソリューション

3次元CAD専用自動設計ツール Tacton Design Automation

Tacton Design Automationは、SOLIDWORKS/Creo/Inventorと連携したルールベースの自動設計ツールです。カスタマイズ設計を効率化し、顧客仕様に沿った3Dモデル・2D図面・見積書・部品表の自動出力を実現します。さらにTacton社の提供するクラウドサービスにより、Webブラウザ上での見積り・モデル作成が実施可能です。

関連キーワード

CPQ,カスタマイズ設計,コンフィグレーター,バリエーション設計,リードタイム,効率化,受注生産,営業,図面,工数削減,標準化,流用設計,編集設計,自動設計,製品仕様書,見積書,設計支援,設計標準化,設計者,部品表(BOM)

WEBサイト別ウインドウが開きます PDFカタログ別ウインドウが開きます

ソリューション概要

Tacton Design Automationは、SOLIDWORKS/Creo/Inventorと連携したルールベースの自動設計ツールです。設計・生産における複雑さや一品一様性を解決し、顧客の要求仕様に沿った3Dモデルの作成を画期的に効率化します。

特長

SOLIDWORKS/Creo/Inventorアドイン設計コンフィグレータ

SOLIDWORKS/Creo/Inventor画面内で、設計ルールの定義および実行を行うことができます。 モデルの寸法・フィーチャー・部品に基づいた設計ルールは、設計者自身による直観的な定義が可能であり、製品の拡張・変更に伴い、簡単にルールを追加・変更できます。

無数の組み合わせから、最適なソリューションを

設計パラメータを入力すると、可能な全選択肢を表示し要求仕様に最適な組み合わせを提案します。この際、設計パラメータの入力順序を意識する必要はありません。また設計ルールに基づき、誤った製品仕様を防ぐことができます。3Dモデルデータをベースに、図面、部品表(BOM)、見積書の出力が可能です。

Tacton Design Automationの設定ステップ

【ステップ1】 可変パラメータと設計ルールの定義

Tacton Design Automation Studio画面より、カスタマイズを行いたいモデルの定義を行います。 コントロールしたい可変パラメータをモデルより指定し、それらのパラメータに基づき、設計ルールの記述を行います。モデル寸法やフィーチャーなどのジオメトリのみならず、部品の価格、性能などを設計ルールに組み込むことが可能です。【ステップ2】のTacton Design Automation Engineer画面のGUIもこちらで作成します。

【ステップ2】 画面に従って製品仕様を入力し、モデルデータを出力

Tacton Design Automation Engineer画面より、寸法情報、使用する部品などの製品仕様を入力します。 入力された製品仕様と【ステップ1】の設計ルールをもとに、モデルがアップデートされます。設計ルールと矛盾する製品仕様をユーザーが入力した場合は、Tacton Design Automationがそれを認識し 代替案をユーザーに提案します。この機能により、誤った仕様の製品を設計してしまうことを防ぐことができます。

【ステップ3】 図面、部品表(BOM)、見積書などドキュメントの出力

カスタマイズ後のモデルに基づき、図面の更新を行います。スケール、アノテーション表示位置、バルーン配置などを自動的に調整することができるため、手動での図面修正を行う時間を大幅に短縮できます。さらに、見積書などのドキュメントをWord/Excelへ出力することが可能です。

ソリューションに関するお問い合せ

SBDプロダクツサービス部/SBDエンジニアリング部

TEL: 03-5342-1051

E-Mail: sbd@kke.co.jp

大阪支社 TEL: 06-6226-1231

名古屋支社 TEL: 050-5306-6985