KKEの目指す未来

手軽に現場を把握!3Dデジタルファクトリー

Our Vision

国内外の工場の状況を3次元デジタル化し、「誰でも・いつでも・何度でも」現場の状況を把握できるサービスをご提案します。 このサービスにより、手間やコストを極力かけずに、保守メンテを効率化し、人材育成を促進させ、新しい工場運営・設備管理のあり方を実現します。

課題/KKEの着眼点

人手不足(職人の退職、労働人口の減少、働き方改革による労働時間の制限)かつコロナ禍での規制や制限が求められる中、老朽化が進む施設をストックとして有効活用するためには効率的に保全することを考えなければいけません。施設内をデジタル化させ、データを共有することで、「現場訪問回数」「手戻り」の削減だけでなく、スムーズな「現場把握・現場体験」や「知見の共有」が可能となり、人材育成の促進にもつながります。

KKEが提案する大規模施設の3次元デジタルデータの作成と共有

 

計測

 

データ化

パノラマ
パノラマ

3D点群
3D点群

閲覧

IndoorViewer

あたかもその場にいるかのような現場確認と齟齬のない合意形成をWebブラウザで実現!

IoTデータ・センサデータ
IoTデータ・センサデータ

設備管理データ(メンテ履歴など)
設備管理データ(メンテ履歴など)

NavVis × 解析

例:レイアウト変更後の気流解析結果を表示

「過去」「現在」「未来」を1つに

今後は施設の「過去」「現在」「未来」全ての情報へアクセス可能なビジュアルインターフェイスを実現し、さらなる施設の効率化を実現したいと考えています。

シェアする

その他の記事