KKEの目指す未来

災害からどう守る?シミュレーションで被害を予測し事業継続を支援

Our Vision

シミュレーション技術・センシング技術を活用し、災害における具体的な被災イメージを共有することで、災害対策の議論をスムーズにします。

課題/KKEの着眼点

災害対策には従業員の安全はもちろんのこと、施設の状態、設備の移設などを考えると、多大な時間と費用がかかります。事前に想定すべき災害シナリオをもとに被害状況の評価・分析ができれば、対策の必要性と効果を定量的に判断することが可能となり、意思決定をスムーズに行うことができます。

災害の発生前後の打ち手のご提案

「どんな災害でも」「どんな時でも」慌てないための意思決定支援

人命はもちろんのこと、事業を継続するための建物、設備などを守るためには、莫大な予算と時間が必要となります。 さらに、災害には地震や噴火などの突発型と大雨・洪水などの進行型があり、それぞれに対策が必要となるため、「どこから」「何」を対策していいのか決定することは困難です。KKEでは長年の実績で培ったシミュレーション・センシング技術で、お客様の状況に合わせた対策支援を行います。

【突発型災害】
地震や噴火など、被害が発生するまでに「時間的猶予がない」

【進行型災害】
大雨・洪水・暴風など被害が発生するまでに「時間的猶予がある」

シェアする

その他の記事