KKEの目指す未来

都市空間における計測技術の活かし方ーシミュレーションによる「知動化社会」の実現ー

Our Vision

KKEの培ってきた解析技術の応用により、集積された都市や構造物、人流、自然現象などの様々な計測データから「過去」と「今」を正しく理解し、「未来」を予測する支援をします。計測データの「知」が未来へと「動」くことによって、機械化による分業と人の仕事の合理化が進んだ高生産性社会(知動化社会)が実現し、より安全・安心・快適な社会が作りだせると考えています。

課題/KKEの着眼点

少子高齢化、自然災害など危険・不安が増大していく中で、社会生活を維持し、拡大させるには高生産性社会の実現が不可欠です。 計測技術の高精度化、高密度化、多様化に加え、データ同化などの関連した技術を進化させることにより、適性な知動化サイクルが加速し、過去と今を正しく理解できるようになります。そして、それによるモデルを使って高精度な未来予測が可能になると考えます。

リアル(計測)とデジタル(解析)をつなげる技術で余寿命予測を高精度に

【計測】デジタル画像相関法(DIC)Digital Image Correlation

 

【解析】データ同化技術によるパラメータの自動調整(CAE検証)

当社が開発した“データ同化”技術とDICによる計測データ(左)を組み合わせて、構造解析シミュレーション(右)上のパラメータを自動調整することができます。 計測と解析のデータを比較し、製品設計・生産技術の検証、評価を行います。

計測の進化で見える未来、『知動化社会』

計測技術の高精度化、高密度化、多様化を実現することによって、 現在、うまく回っていない知動化サイクルをより広範囲により高サイクルで回していきます。

シェアする

その他の記事