ソリューション

XGtd 幾何光学電波伝搬シミュレータ

XGtdは飛行機・船舶などの複数・大規模な散乱体において、レイトレース法を用いた電波伝搬シミュレータです。これまで他の手法では解くことが難しかった大規模モデルのRCS計算をシミュレーションできます。

関連キーワード

RCS,アンテナ,イメージング,エリア設計,レーダークロスセクション,レーダー反射断面積,レイトレース,レイラウンチング,大規模電磁界解析,置局設計,複合放射パターン,電波伝搬,電波暗室

WEBサイト別ウインドウが開きます PDFカタログ別ウインドウが開きます

ソリューション概要

XGtdは、SBR(レイラウンチング法)に表面回折・クリーピング波を加味し、飛行機や車などの大規模散乱体を対象にした電磁界解析ツールです。10,000面以上・数百λ以上の大規模構造物もシミュレーションが可能です。 BackScatterRCS、BistaticRCSの計算、散乱体放射パターンの計算が行えます。また、比較的実測環境の得られにくい、大規模オブジェクトを電波暗室に入れた状態を再現し、解析を行うことができます。
弊社は、開発・販売元であるRemcom社(米国PA 州Remcom, Inc.)の国内販売代理店として、パッケージ販売と合わせて各種サービスを提供します。

特長

  • 表面波を用いて曲面の回折えお計算可能
  • Uniform Theory of Diffraction (UTD)による式を使用
  • 複数・広範囲な大規模モデルに対する対応
    (1000面以上・数百λ以上の大規模構造物も可能)
  • 簡単かつ細密なモデル作成
  • 使いやすいユーザーインターフェイス

複数の散乱体付近(飛行機、車両、電波暗室など)の電波伝搬シミュレーションを行う解析ツールです。さらに、アンテナ解析、遠方解での散乱体による影響を判断できます。

機能

  • 主・交差偏波でのレーダー反射断面積(RCS)の計算
    (モノスタティック・バイスタティックも可能)
  • 大規模な散乱体にアンテナを搭載した状態でのアンテナパターン解析
  • 伝搬経路を可視化することにより、EMI/EMC評価等の干渉緩和対策
  • 電波暗室の電波伝搬解析(電波吸収体(RAM)も含む)

サービス内容

  • 日本語によるテクニカルサポート
  • 関連アプリケーションの開発
  • 解析サービス

ソリューションに関するお問い合せ

マーケティング本部

TEL: 03-5342-1533

E-Mail: xgtd@kke.co.jp

http://network.kke.co.jp/products/xgtd/別ウインドウが開きます

大阪支社 TEL: 06-6226-1231

中部営業所 TEL: 052-222-8461