ソリューション

SuperFLUSHシリーズ 地盤と構造物の2次元動的相互作用解析プログラム

地盤と構造物の動的相互作用解析では、地盤の半無限性や非線形性を考慮する必要があります。SuperFLUSHシリーズでは地盤のための特殊な境界処理機能や等価線形解析機能を有し、地盤と構造物の動的相互作用解析を扱う解析コードとして幅広く利用されています。

関連キーワード

動的相互作用解析,地盤,地震シミュレーション,建設・土木技術者,斜面安定性解析,有限要素法,環境振動,等価線形解析

WEBサイト別ウインドウが開きます PDFカタログ別ウインドウが開きます

ソリューション概要

地盤の動的問題を扱う場合は、一般の構造物の有限要素解析と異なり、地盤の半無限性を考慮するための側方・底面の境界処理が必要となるほか、一般の構造部材と比較して顕著である非線形性を評価することも重要となります。
このような問題点に対して有効性が認められ、広く用いられている解析プログラムとして、SuperFLUSHシリーズがあります。
SuperFLUSHシリーズは地盤・杭・建物系の動的相互作用解析、加振実験等のシミュレーション、埋設構造物の地震応答解析、機械の稼働、車両・鉄道の走行による振動問題の解析など、土木・建築分野における振動問題に適用できます。

特長

MSC/NASTRANとのインターフェース

様々な有限要素法プリ・ポストプログラムでインターフェースが取られているMSC/NASTRANの入力データをメッシュデータとして利用する事が可能です。

また、解析結果を、MSC/NASTRANの解析結果ファイル形式でエクスポートする事も可能です。

時刻歴波形図、応答スペクトル図、伝達関数図の図化

解析結果を簡単な操作で図化することが可能です。

機能

  • 複素剛性を用いた振動数領域における周波数応答解析
  • 等価線形法により地盤の非線形性を考慮
  • 要素タイプ
    平面歪要素、ビーム要素、剛体ビーム要素、平面応力要素、並進ばね要素
  • 側方境界条件
    エネルギー伝達境界、粘性境界
  • 底面境界条件
    粘性境界、剛体基盤
  • 外乱条件
    鉛直伝播波動(水平方向、鉛直方向同時入力可能)、進行波、点加振
  • SuperFLUSH/2D(EWS版)入力データのインポート・エクスポート

SuperFLUSHシリーズ

  • SuperFLUSH/2D for Windows(2次元FEM)(※1)
  • SuperFLUSH/2D EWS版(2次元FEM)(※1)
  • SuperFLUSH/3DS(サブストラクチャ法)(※1)
  • SuperFLUSH/3DC(コンプリート法)(※2)
  • SuperALUSH(軸対称FEM)(※3)

(※1)(株)構造計画研究所と(株)地震工学研究所の共同開発商品です。
(※2)(株)構造計画研究所、(株)地震工学研究所、基礎地盤コンサルタンツ(株)の共同開発商品です。
(※3)(株)地震工学研究所、基礎地盤コンサルタンツ(株)の共同開発商品です。

ソリューションに関するお問い合せ

エンジニアリング営業部・社会基盤営業部

TEL:03-5342-1136

E-Mail: kaiseki@kke.co.jp

http://www4.kke.co.jp/kaiseki/software/superflush_2d_win.html別ウインドウが開きます

大阪支社 TEL:06-6226-1231