ソリューション

目視検査/目視判断の自動化ソリューション

「コンピュータにものを見せることができないか?」 構造計画研究所の画像認識技術が30年かけて目指してきたものは、「人の目」でした。 当社の「目視検査/目視判断の自動化ソリューション」は、人の目と脳を模倣するソリューションです。

関連キーワード

品質検査,外観検査,官能検査,定量化,機械学習,画像処理,目視判断,目視検査,統計分析,自動化

ソリューション概要

従来の画像認識技術の欠点は、柔軟性と判断能力の低さにありました。
「対象物の欠陥や劣化部位を的確に抽出し、その状態を判断する」という作業を自動化する場合、非常に厳格に撮影環境を整え、対象とする事象を厳密かつ定量的に定義しなければ、コンピュータはこちらが想定したような結果を出してくれません。その結果として、従来の画像認識技術は、非常に狭い範囲にしか適用されてきませんでした。

私たちは、従来の画像処理技術を高度化、精緻化するだけではなく、機械学習や統計的分析手法を組み入れることによって、その欠点を解消しようとしています。

特長

  • 対象物/環境の不安定さ
  • 定量化しにくい評価基準
といった従来の画像処理技術が不得意としていた課題に対する業界トップクラスの知見、経験を持っています。

ソリューションに関するお問い合せ

公共企画営業部

TEL: 03-5342-1121

E-Mail: mokushi@kke.co.jp

大阪支社 TEL: 06-6226-1231

中部営業所 TEL: 052-222-8461