ソリューション

KKE/ShiftMaster 最適勤務シフトスケジューリング

複雑な現場条件を加味しながら最適なサービススタッフのスケジュールを自動で作成します。
日々の需要・繁閑、業務に必要なスキル、スタッフの希望休など、相反する様々な制約条件を満たします。

関連キーワード

インフラ保守,シフト表,スケジューリング,メーカー保守,小売・サービス業スタッフ,最適化,業務分析,需要分析

WEBサイト別ウインドウが開きます

ソリューション概要

必要な技術・技能の制約や本人の希望など、多くの要望要因が絡み合う中で、限られたスタッフを適切に割り当てることは難しく、 勤務シフト計画の作成には膨大な時間がかかります。
KKE/ShiftMasterを使うことで、勤務シフト計画の作成を自動化するだけでなく、現場ごとの複雑な制約条件を整理・見える化し、 スタッフをムリ・ムダなく割り当てることにより、高いサービスレベルを維持する最適な勤務シフト表を作成することができます。

特長

あらゆる制約条件を加味したスケジュールを作成

限られたスタッフの中で、顧客へのサービス品質を保ちながら、いかに働きやすい(要員の満足度を保った)作業スケジュールを作成するかは、とても難しく時間のかかる問題です。
本ソリューションでは、サービス品質(顧客満足度)からの視点、現場生産性からの視点、スタッフ満足度からの視点を考慮しながら条件を整理し、自動で最適なスケジュールを作成致します。

導入サポート

即現場で使用できるよう、スケジュール作成条件整理のための導入コンサルを行います。
また、カスタマイズによって、お客様の既存システムとの連携も行えますので、よりスムーズに実運用へとつなげることも可能です。

産学連携による新システムの開発

本ソリューションは、サービス業分野向けにOR手法の適用を研究されている南山大学との共同研究を通じて開発されたものです。労働基準(法)を満たし、かつ勤務現場固有の複雑な条件を考慮しながら、勤務スタッフの希望(休暇・勤務シフト)を加味した、スケジュールを自動生成することが可能です。

機能

集計結果表示

KKE/ShiftMasterでは、労働時間の集計や、拘束時間の集計を表示することができます。
作業場所までの移動に時間がかかるような場合でも、直接作業時間には含まれない拘束時間として集計することが可能です。
また、シフト種別、作業種類別、スタッフ別に集計することもできますので、偏りのあるシフト割り当てが行われていないか等の確認もできます。

アラート表示

設定した条件を超えるようなシフト割り当てが起こっている箇所をアラート表示します。
また、シフト種別毎の割当て人数やスキル毎の割り当て人数の不足についても表示します。

勤務シフト表の修正・再計算

KKE/ShiftMasterでは、設定したシフト作成条件を基に、自動で勤務シフト表を算出します。
作成された勤務シフト表は、手修正が可能ですので、スタッフから追加希望があった場合においても、画面上からマウス操作のみで変更できます。
また、自動算出した勤務シフト表の一部のみを再計算させることもできますので、急なシフト変更が発生した場合においても容易に代替シフトが作成できます。

ソリューションに関するお問い合せ

オペレーションズ・リサーチ部

TEL: 03-5342-1065

E-Mail: orsim-spt@kke.co.jp

http://www.kke.co.jp/orsim/ShiftMaster_jirei.html別ウインドウが開きます