ソリューション

制振装置開発:建築コンサルティング

制振装置を建物の骨組に付加することで、大地震時の揺れを抑えられます。構造計画研究所では建物の特性に応じた最適な制振装置を提案し、実験の計画から性能評価、大臣認定の取得までトータルにお手伝いさせていただきます。

関連キーワード

コンサルティング,制振住宅,制振装置,大臣認定,建築,性能評価,振動実験,評定,認定,開発

WEBサイト別ウインドウが開きます

ソリューション概要

地震によって建物が大きく揺すられると、その骨組があちこち自らダメージを受け入れながら倒壊を回避するというのが従来の耐震設計でした。

1990年ごろから、本来の骨組に対して、各種の履歴ダンパー、粘弾性ダンパーを付加し、この部分が優先的に地震応答のエネルギーを吸収することにより、揺れの軽減と骨組の損傷回避をする制震技術が普及して来ました。 特に住宅用の制振部材はサイズ的な制限から、ゴム系の粘弾性ダンパー、オイル系のオイルダンパー、鉄製の摩擦ダンパーなど様々な種類の制振装置が利用されています。

豊富な経験をもとに、工業化住宅等に組み込む制振装置の大臣認定取得に関して実験の計画から性能評価、大臣認定の取得までトータルにお手伝いさせていただきます。

長周期振動に備えたバリューアップ

従来の耐震設計では周期1~2秒の地震動を想定してきましたが、2003年の十勝沖地震では3~6秒の長い周期を持つ「長周期地震動」による被害が報告されました。長周期地震動は一般の地震動に比べ、減衰しにくく、遠くまで伝わり、長時間にわたって揺れが続くという特徴を持っています。

長周期地震動による超高層ビルの揺れは加速度は小さいものの、揺れ幅が大きく、その継続時間が長いことから、建物は仮に無傷であっても、内外装材の損傷や収容物の転倒が発生しやすくなります。建築物の高層化・巨大化に伴い、こうした長周期地震動による「共振」が建物に大きな被害をもたらす可能性が指摘されています。

実績

  • 構造計画研究所ビル(本所新館)
  • 愛宕2丁目計画
  • 渋谷・桜丘町プロジェクト
  • 関東郵政局庁舎
  • ぱ・る・るプラザ千葉
  • 小樽ヒルトンホテル

ソリューションに関するお問い合せ

エンジニアリング営業部

TEL: 03-5342-1136

E-Mail: eng_all@kke.co.jp

構造設計部

TEL: 03-5342-1106

E-Mail: kozo-sales@kke.co.jp

http://www.kke.co.jp/stde/別ウインドウが開きます

大阪支社 TEL: 06-6226-1231