ソリューション

RESP-T 3次元汎用非線形解析プログラム

あらゆる土木建築構造物に対応する3次元汎用静的・動的非線形解析プログラムです。一般構造物の解析はもちろん、特殊な形状や条件での解析でお困りな方へ。RESP-Tが解決します。

関連キーワード

3次元任意形状,免震・制振,動的相互作用,土木・建築構造物,大変形,幾何学的非線形,応力相関,応答変位法,有限要素法,材料非線形,橋梁,複合非線形,鉄道構造物,静的・動的解析,骨組みモデル

WEBサイト別ウインドウが開きます

ソリューション概要

RESP-Tは、地盤などを含めたあらゆる構造物を対象とし、静的・動的解析により構造物の性状を逐次追跡することが可能です。
モデルは任意形状を扱うことができ、直交フレームによる浮き上がり拘束効果、建物全体のねじれの影響、2方向外力下における柱の特性などの効果を考慮することができます。
また、幾何学的非線形解析により大変形問題やP-δ効果・テンションケーブルなどの解析や長大構造物への位相差入力、交通振動、歩行振動への適用が可能です。 免震・制振装置にも対応し、より詳細に部材レベルの検討が行えます。

3次元任意形状に対応

建築構造物、橋梁、杭基礎、地下埋設構造物、プラント構造物、鉄塔など、あらゆる骨組み構造の解析が可能です。

豊富な解析機能

  • トラス要素(ケーブル機能含む)、骨組み要素(M-Θ、M-φ:材端&材央の非線形評価)、バネ要素(任意方向バネ含む)、平面要素、減衰要素(MAXWELL含む)が使用できます。
  • 大変形、P-δ効果、テンションケーブルなどを考慮した幾何学的非線形解析が可能です。
  • 各要素に材料非線形の設定が可能です。骨組み要素の場合、応力相関(M-N,M-M,M-M-N)の考慮が可能です。
  • 復元力特性を豊富に準備しています。バイリニア、トリリニアのほか、負勾配を含むテトラリニアの設定が可能です。また、免震・制振用の復元力特性も多数準備しています。
  • 静的解析(荷重増分法、変位増分法、応答変位法ほか)と動的解析(加速度波形入力、加振力波形入力)が可能です。動的解析の場合、長大構造物への位相差入力、大深度構造物への多点入力の設定が可能です。また、時刻歴解析のほか、応答スペクトル解析が可能です。

充実したサポート

開発および解析に携わった技術者の対応により、分かりやすいサポートが受けられます。

ソリューションに関するお問い合せ

エンジニアリング営業部

TEL: 03-5342-1136

E-Mail: kaiseki@kke.co.jp

http://www4.kke.co.jp/respt/別ウインドウが開きます

大阪支社 TEL:06-6226-1231

中部営業所 TEL:052-222-8461