ソリューション

技術・テーマで探す: 自動設計

設計試作の効率化・高速化が求められる一方、品質に対する要求が高度化する現在では、これらの相反する課題をいかに両立させられるかが課題となっています。構造計画研究所では、製品開発の期間短縮とコストダウンとを実現する手法として、設計者自身がシミュレーションしながら設計検討するSBD (Simulation Based Design) をご提案してまいりました。
簡易解析ツールの販売はもちろんのこと、受託解析・コンサルティングサービスやトレーニングも豊富に実施しており、スムーズなプロセス移行をフルサポートいたします。お客様の設計課題を、お客様とともに。これからも設計者の皆様の多様なニーズに合わせて、CAE/解析の活用を一緒になって考えてまいります。