ソリューション

最適化手法を用いたモデル構築/分析(建設向けシミュレーション)

建設・土木の分野において、工事工程管理方法や、設備の安全性を事前評価できるとしたら、効率的で安全な建築物を作る事が出来ます。我々はシミュレーション手法、最適化手法も用い、サポートいたします。

関連キーワード

オペレーションズ・リサーチ,システムシミュレーション,ゼネコン,工程管理,性能設計,最適化,研究者,設計者,避難シミュレーション,防災管理者

WEBサイト別ウインドウが開きます

ソリューション概要

建設、土木、都市計画にあたり、安全性評価やスムーズな設備配置問題、効率的な工程管理を行うために、シミュレーション手法や数理計画法を用い、分析モデルを構築したり、分析検討を行います。
プロジェクト実績例は以下のものをはじめとして多数あります。

施設内避難流動シミュレーション

劇場、病院、高層ビル等の建築物の新築、リニューアルにあたり、ドア位置数などの適切な配置、火災時の避難経路の安全性を検証し、安全で合理的な計画作成を実現するため、モデル構築とシステム評価を行いました。

ダンプトラック運行シミュレーション

土木工事現場や採石場において、積込能力、排土能力、走路条件などの制約の中でのダンプトラックの効率的な運行を目指し、必要なダンプトラック機種、台数、走路条件、プラント能力の検討を行いました。

建設現場の揚重シミュレーション

ビル建設現場における内装工事資材は、その施工計画に応じて、的確なタイミングで的確な数量を搬入(揚重)しておく必要があります。搬送は、建設躯体に設置されるリフタ、エレベータと作業員により行われます。これまでは、早め、多めの搬入により大量のゴミ発生も問題視されていました。本シミュレータは、搬送能力と最新の施工計画を入力として的確な資材搬送のスケジュールを事前策定する、運用を目的として開発した事例です。

ソリューションに関するお問い合せ

オペレーションズ・リサーチ部

TEL: 03-5342-1065

E-Mail: orsim-spt@kke.co.jp

http://www.kke.co.jp/orsim/別ウインドウが開きます