ソリューション

在来木造住宅構造計算システム

少子高齢化の昨今、新築住宅着工数の減少にみられるよう住宅産業界も厳しい状況にあります。お施主様のご要望に応える一方、競争に打ち勝つためにも低価格でありながら高品質な住宅が求められています。住宅の骨格となる構造の観点でその課題にお応えします。

関連キーワード

プレカットメーカー,住宅メーカー,住宅基礎設計,在来木造住宅,地場ビルダー,木造軸組構法,立体解析,許容応力度設計

WEBサイト別ウインドウが開きます PDFカタログ別ウインドウが開きます

ソリューション概要

品確法等により構造品質も注目される中、構造設計(計算)を過不足なく、また効率よく行うことは、容易なことではありません。
弊社の在来木造住宅構造計算システムは、お客様の課題解決をお手伝い致します。

コストの削減

  • 入力作業軽減による設計コストの削減

    意匠設計CADデータの活用や伏図情報からの部材自動生成(梁等)機能の実装により構造計算に必要な構造部材の入力作業が軽減されます。
  • 精細な設計による部材コストの削減

    立体解析による構造計算を取り入れています。より詳細な部材選定(経済設計)ができ、部材断面を1ランク下げるなどコストダウンが図れます。
  • 申請手続き手間の削減

    (財)日本建築センターの「電算プログラム評定」を受け、国土交通大臣の認定を取得することにより申請図書が省略出来ると共に、申請手続きが簡略化されます。

お施主様に対するサービスの向上

  • スピードアップ

    意匠設計CADとの連携を図ることにより、間取りを入力した段階で構造安全性の確認や構造躯体の概算コストの算出ができます。営業初期段階で精度の高い見積を提示することも可能になります。
  • 設計自由度の拡大

    間くずれや平面斜めなど複雑な設計条件にも対応可能です。短時間で構造検討が出来きますので、色々なプランを提示することによりお施主様のご要望により広く応えることが可能です。
  • 品質の確保

    品確法を前提とした、(財)日本住宅・木造技術センターの『許容応力度設計』に対応しています。また、地盤の沈下量を計算して基礎の構造性能を把握できる解析手法を採用しています。
  • ソリューションに関するお問い合せ

    住環境営業部

    TEL: 03-5342-1002

    E-Mail: jkk@kke.co.jp

    http://www4.kke.co.jp/cpc/別ウインドウが開きます

    大阪支社 TEL: 06-6226-1231

    中部営業所 TEL: 052-222-8461