ソリューション

k-SHAKE+ for Windows 水平成層地盤の地震応答解析プログラム

地震応答解析プログラムk-SHAKE+ for Windowsは、水平成層地盤の重複反射理論に基づく等価線形解析から直接積分法による時刻歴非線形解析まで幅広く対応しています。

関連キーワード

1次元,ARTEQ,k-WAVE,SeleS,SHAKE,土木設計,地盤,地震動,地震応答解析,建築設計,等価線形,重複反射理論,非線形

WEBサイト別ウインドウが開きます PDFカタログ別ウインドウが開きます

ソリューション概要

k-SHAKE+ for Windowsは、1次元の水平成層地盤の地震応答解析を行うソフトウェアです。解析機能として、重複反射理論に基づく等価線形解析(基本機能)および直接積分法による時刻歴非線形解析(オプション機能)をサポートしています。

特長

  • 1次元地盤モデルを視覚的に確認
  • 1次元地震応答解析の手法として重複反射理論による等価線形解析機能と直接積分法による時刻歴非線形解析機能を内蔵
  • ひずみ依存特性をデータベースとしてユーザー設定・管理
  • 文献等に掲載されているひずみ依存特性を複数内蔵(例:土木研究所の式、建築学会文献の特性等)
  • 復元力特性を複数内蔵(例:修正R-Oモデル、H-Dモデル、石原・吉田の方法等)
  • レイリー型減衰により粘性減衰を指定可能
  • 道路橋示方書・同解説に準拠した液状化判定に対応
  • 解析結果をCSV形式または固定フォーマット形式で出力
  • 地震応答解析に関わる様々なグラフ出力と編集機能
  • ARTEQ for Windowsの計算結果を読み込み可能

SHAKEを用いた等価線形解析(基本機能)

SHAKEを用いた等価線形解析では、1次元水平成層地盤を連続体とし、重複反射理論により周波数領域で地震波の応答計算を行います。地盤の非線形性は、等価線形解析により解析時間中での平均的な地盤の物性値を算出することで近似的に考慮します。
地盤物性や出力位置の設定は画面上のイメージを確認しながら簡単に行うことができます。
その他、豊富な図化機能や簡易液状化判定機能等を内蔵しています。

時刻歴非線形解析(オプション機能)

時刻歴非線形解析では、1次元水平成層地盤を多質点せん断ばねモデルとして離散化し、直接積分法を用いて運動方程式を時間領域で解くことで地震波の応答計算を行います。時間領域で解析を行うため、地震時の経時的な地盤物性の変化を考慮することができ、比較的大きなひずみレベルまで適用可能です。レイリー減衰により粘性減衰を指定することができ、復元力特性として線形・非線形(修正R-Oモデル等)を選択できます。

ソリューションに関するお問い合せ

エンジニアリング営業部

TEL: 03-5342-1136

E-Mail: kaiseki@kke.co.jp

http://www4.kke.co.jp/kaiseki/software/k-shake/k-shake.html別ウインドウが開きます

大阪支社 TEL: 06-6226-1231