ソリューション

DARS 鉄道構造物等の3次元耐震性能照査プログラム

鉄道構造物全体を3次元骨組構造としてモデル化し、非線形スペクトル法または時刻歴動的解析法により地震時の動的応答を算出し、線路方向、線路直角方向の損傷レベルを部材毎に求めるプログラムです。

関連キーワード

3次元任意形状,一体型モデル,動的相互作用,動的解析,応答変位法,性能照査,所要降伏震度スペクトル法,材料非線形,橋梁,耐震,設計標準,鉄道,高架橋

WEBサイト別ウインドウが開きます

ソリューション概要

3次元でのモデル化により、これまでの2次元耐震性能照査プログラムでは対応できなかった不整形なラーメン高架橋に対応します。また、スラブへの直接的な荷重配置により複雑な荷重計算、荷重分担計算の省略や、1モデル2方向に解析・照査することにより解析ケース数、作業量を大幅に軽減し、これまでの設計者の悩みを解決します。

特長

入力支援

3次元でのCADライクな入力により、効率的・直感的な形状の入力が可能です。
また、クリックアンドドロップによる断面・材料等の配置が可能です。もちろん、テキストによる入力も可能です。

断面算定

鉄筋の配置をグラフィックにて確認でき、2方向の断面算定を一括で計算できます。これまで2データ(L方向・C方向)必要だったデータが一つになり入力の不整合を防止します。

解析モデルの自動生成

ラーメン高架橋の設計図書から直接読み取れるレベルの入力により、剛域などを考慮した複雑な3次元骨組解析のモデルを自動作成します。部材高さの変更によるモデル変更を容易に実現します。

対象構造形式

  • ラーメン高架橋
  • ラーメン橋脚
  • 連続桁橋
  • 杭基礎(場所打ち杭・直接入力・群杭効果考慮)
  • SRバネ(直接入力)
  • 支承バネ(直接入力)

対象部材

  • RC(矩形・円形・T形)
  • SRC(矩形・T形)
  • CFT(円形)
  • 鋼(矩形・円形・鋼管杭)
  • 断面性能直接入力

計算機能

  • 破壊モード推定解析(静的非線形解析)
  • 所要降伏震度スペクトル法(静的非線形解析)
  • 時刻歴動的非線形応答解析による応答解析
  • 固有値解析

*本プログラムは(財)鉄道総合技術研究所と(株)構造計画研究所との共同開発によるものです。

ソリューションに関するお問い合せ

エンジニアリング営業部

TEL: 03-5342-1147

E-Mail: kaiseki@kke.co.jp

http://www4.kke.co.jp/dars/別ウインドウが開きます

大阪支社 TEL:06-6226-1231