ソリューション

災害リスク評価コンサルティング

BCP・災害対策は根拠のしっかりした被害想定ができるかどうかで決まります。私たちは、長年地震や災害の研究に携わってきたノウハウを活かし、BCP策定や補強計画の前提となる「災害リスク評価」をご提供します。

関連キーワード

BCM,BCP,企業防災,南海トラフ,地震,東日本大震災,津波,災害リスク評価,補強対策,製造業,首都直下

WEBサイト別ウインドウが開きます PDFカタログ別ウインドウが開きます

ソリューション概要

BCP・災害対策は根拠のしっかりした災害想定ができるかどうかで決まります。
いま、製造業において”本当に使える”BCP(事業継続計画)の策定・実施が求められています。

しかし、根拠のはっきりしないBCPを元にした投資計画を前にして悩まれている方も多いのではないでしょうか?私たちは、長年地震や災害の研究に携わってきたノウハウを活かし、BCP策定や補強計画の前提となる「災害リスク評価」をご提供いたします。

災害リスク評価

東日本大震災では新耐震基準の有効性が証明された一方、天井の落下や内部設備の破損などの新たな課題が浮き彫りになりました。また、同じ地域の同じ構造の建物であっても、立地(地盤)によって被害に大きく差がでたことも分かっています。さらに近年では、大雪や河川氾濫などの災害も深刻化しており、企業が想定すべき災害リスクは、年を経るごとに複雑になってきています。
しかし限られた予算の中、手当たり次第に対策を取るのは現実的ではありません。

そこで、災害リスク評価では、各地の立地状況とそこに起こりうる災害シナリオをベースに、発災時の具体的な工場・設備の被害や周辺インフラの復旧日数を分析・レポートします。こういった評価を行うことで、防災投資の意思決定を行う際、科学的な根拠に基づいた指標で検討できるため、より納得性の高い施策を実施頂けます。

津波浸水リスク評価&避難シミュレーション

沿岸部に立地する工場にとって、南海トラフ地震で想定される巨大な津波の影響を検討することは必要不可欠です。

従業員の安全を担保する防災計画を練る際には、国や県で発表された津波高によって、対象の施設は被害を受けるのか/受けないのか、被害をうける場合にはどのような時間で浸水するのか、仮にどこまでの高さであれば耐えられるのかなど、複数のケースを想定し被害を把握する事が必須事項です。

構造計画研究所では、津波シミュレーションの知見を活かし、工場等の検証対象施設の重要度に応じて津波浸水評価を行い、最適な地震対策、津波対策をご提案します。

構造物/非構造物のシミュレーション解析

先の大震災では、建物は耐震化済みで無事であるにもかかわらず、工場内の設備は被害を受け、生産ラインの復旧に時間を要した事案が数多く発生しました。
建築基準法は、躯体の被害から人命を守る最低ラインであり、建物自体の被害や建物内部(天井や設備)には基準がないのが実情です。

災害リスク評価を行い、地盤や地震シナリオとの関連で危険と診断された重要な構造物や建物内の設備に対し、モデル化※しシミュレーションで解析することで、より詳細な問題点を明らかにすることができます。さらに、どのような対策を講じれば良いのか、対策案をご提案します。

※モデル化は、建屋だけでなく非構造物(生産設備/ラック/煙突)も対象となります。

ソリューションに関するお問い合せ

エンジニアリング営業部

TEL: 03-5342-1136

E-Mail: bcp@kke.co.jp

https://www4.kke.co.jp/bcp/別ウインドウが開きます

大阪支社 TEL: 06-6226-1231