ソリューション

ARTEQ for Windows 模擬地震波作成プログラム

ARTEQ for Windowsは、構造物の耐震設計に使用する模擬地震波を作成するソフトウェアです。

関連キーワード

k-SHAKE+,k-WAVE,SeleS,位相特性,土木設計,地震動,建築設計,時刻歴波形,目標スペクトル

WEBサイト別ウインドウが開きます PDFカタログ別ウインドウが開きます

ソリューション概要

建築基準法などでは考慮すべき地震動強さが応答スペクトルで設定されていますが、時刻歴応答解析を行うには、応答スペクトルから模擬地震波(時刻歴波形)を生成する必要があります。ARTEQ for Windowsはこのような課題を支援するソフトウェアです。

特長

  • 国土交通省告示第1461号などの代表的な7種類の目標スペクトルを内蔵
  • 任意の目標スペクトル(加速度・速度)の設定/登録機能
  • 各種包絡関数を内蔵
  • 模擬地震波作成に関わる様々なグラフ出力と編集機能
  • 地震荷重設定システムSeleS for Windowsの計算結果を目標スペクトルとして読み込み可能
  • 模擬地震波や応答スペクトル図の重ね描き機能
  • 計算結果のCSV形式ファイル出力機能

機能

ARTEQ for Windowsは、以下に示す各種設定機能を利用することにより模擬地震波の作成を支援します

目標スペクトルの設定

国土交通省告示第1461号や大規模地震に対するダム耐震性能照査指針(案)に基づく照査用下限加速度応答スペクトルなどの7種類の応答スペクトルを内蔵しています。
また、任意形状の目標スペクトルの設定機能、地震荷重設定システム(SeleS for Windows)で得られた目標スペクトルのインポート機能もあります。

位相スペクトルの設定

地震波の観測記録や一様乱数を用いて、作成する模擬地震波の位相スペクトルを設定します。

包絡関数の設定

位相として乱数を用いる場合には、包絡関数を設定する必要があります。
包絡関数は、設計用入力地震動作成技術指針(案)に基づく包絡関数やJennings型の包絡関数を内蔵しています。
また、任意形状の包絡関数を設定する機能も内蔵しています。

適合性の検定条件の設定

目標となる応答スペクトルに適合する模擬地震波を作成する場合、収束計算を行うため、収束判定基準を設定する必要があります。
ARTEQでは、作成した模擬地震波の目標スペクトルに対する適合性を、最小スペクトル比、S.I.比、変動係数などの判定条件から選択して設定することが可能です。

[New] 長周期地震動作成プログラム ARTEQ-LP for Windows

国土交通省「超高層建築物等における長周期地震動への対策試案について」に対応した長周期地震動作成プログラムARTEQ-LP for Windowsを開発しました。
詳細はリーフレットをご覧下さい。⇒ PDFリーフレット別ウインドウが開きます

ソリューションに関するお問い合せ

エンジニアリング営業部

TEL: 03-5342-1136

E-Mail: kaiseki@kke.co.jp

http://www4.kke.co.jp/kaiseki/software/arteq/arteq.html別ウインドウが開きます

大阪支社 TEL: 06-6226-1231