ソリューション

EVER Relief 離床リスク検知センサー

見守られる方がいつも安心でいられるように。
「EVER Relief(エバー・リリーフ)」は誤報や失報が少ない離床・見守りセンサーです。離床時の転倒や徘徊を予防し、介護の場における“安全性”と“快適性”を向上します。

関連キーワード

EVER Relief,IoT,クラウド,センサー,ナースコール,バイタルデータ,介護,失報,検知,看取り,見守り,誤報,離床

WEBサイト別ウインドウが開きます

ソリューション概要

「EVER Relief(エバー・リリーフ)」はベッドでの起き上がり動作を非接触で検知できる介護ベッド取り付け型のセンサーです。「EVER Relief」がベッド上で人の起き上がり動作を検知すると、自動的にナースコールを鳴動させ、介護者に知らせます。

複数のセンサーで要介護者の動作を立体的にとらえることで、現在、普及している離床センサーに比べ、誤報・失報を大幅に減らすことができます。

起き上がり動作(離床リスク)を正確に検知 ~複数のセンサーで動作を立体的に捉える~

全体図

離床を検知するセンサーは種々販売されていますが、普及しているタイプのセンサーの多くは何らかのスイッチを利用しているものが多く、単なる寝返りでもナースコールが鳴動する「誤報」や必要な時に検知ができない「失報」などが少なくありません。

「EVER Relief」はメインとサテライトの二つのセンサーを用いて起き上がり動作を立体的に捉えるため、誤報の割合を劇的に減らしています。

バイタルデータを利用した見守りが可能 ~心拍・呼吸のバイタルデータを感知~

バイタルデータイメージ

体動に加えて、バイタルデータ(心拍・呼吸)の感知が可能です。そのため、就寝中のバイタルデータの異常を検知することが可能で、いわゆる「看取り」のセンサーとしても利用できます。 また、バイタルデータをクラウド上に蓄積することで可視化し、その傾向や変化を介護方針にフィードバックすることが可能です。(※オプション)

設置が簡単 ~特別な設置工事は不要~

設置の様子

メインセンサーをマットレスの下に敷き、サテライトセンサーを壁に貼り付けます。あとは分岐ボックスを利用してナースコールに接続し、電源を投入するだけで設置が完了します。

設定が簡単 ~スマートフォンアプリによる簡単設定~

スマートフォンによる設定

バイタルセンサーは使用前に各種パラメータの設定が必要ですが、容易にパラメータ設定ができるスマートフォンアプリを提供しています。直接パラメータ値を設定するのではなく、ある程度の条件(対象者の動きのはやさ、サテライトセンサーの設置位置、マットレスの厚さ等)であらかじめプリセット値を準備しており、使用環境に合致する条件を選択するだけでパラメータ値が簡単に設定できるようになっています。

利用者に不快感を与えない ~非接触かつコンパクトな設計~

厚さ18 mmのメインセンサーは、マットレスの下に設置しても寝心地に影響しないコンパクトな設計です。また、センサーが身体に直接触れないため、利用者に不快感を与えません。

導入事例:福岡県 S介護老人保健施設 I様

「当施設は80床で居室は2階と3階に分かれています。夜勤は各階2名(介護3、看護1)で対応しています。 センサーは夜間に最もリスクが高い方に使用いたしました。

ご利用者の多くは認知症の症状があり、コミュニケーションがうまくできないだけでなく、自分の身体能力に関して理解ができない方ばかりです。また、昼夜逆転されてる方、コールを押せない方、コールを押すこと自体がわからない方など見守りが欠かせません。しかし、通常のセンサーマットではすべて事後になることや、マットの設置そのものがつまずきなどのリスクを生むため当施設では使用しておりませんでした。

今回のセンサーはその問題を解消してくれるものだと思い使用させていただきました。認知症の方も多く、生活リハビリや機能訓練を行う中で身体機能やADL向上を促す反面、転倒や転落のリスクも伴います。夜勤者の見守りも限界がある中、高リスク者の対応については常に問題となります。利用者と職員との間を適度な距離を保ちながらリスク対応ができる当センサーは大変頼りになりました。」

ソリューションに関するお問い合せ

すまいIoT推進部
EVER Relief セールスチーム
TEL : 050-5305-1380
E-Mail: ever-relief@kke.co.jp