データ市場 ~データを活かすイノベーションゲーム~

著者名 大澤 幸生(編著)
早矢仕 晃章・秋元 正博・久代 紀之・中村 潤・寺本正彦(著者)
定価 本体3,500円+税
発行元 近代科学社
刊行日 2017.03.01
ISBN-13 978-4-7649-0524-5

概要

ビッグデータ時代の必然的な概念として、「データ市場」が注目されている。これは、皆が安心できる条件で必要に応じてデータを共有し、また状況に応じて結合したり分析したりして使うことで新たなビジネスを生み出すという、いわばデータの取引市場である。
本書は、データ市場構築の手法をIMDJ (Innovators Marketplace on Data Jackets)を中心に幾つか挙げて、その具体的な活用方法を産業界の視点から提案する。IMDJは、すでに経済産業省、国土交通省のワークショップでもビジネスモデル構築技術として採用されている。ビックデータに関係する読者には、まさに必携の書である。

目次


    • 1.ビッグデータとオープンデータ
      2.データ市場
      3.データ市場型ワークショップIMDJ
      4.データジャケット
      5.アクション・プランニング
      6.IMDJプロセスによるデータ市場の社会実装
      7.データ市場と論理フレームワーク
      8.論理的思考フレームワークを用いたシステムデザイン事例
      9.定量的品質機能展開(Q-QFD)の導入
  • 本書に関するお問い合せ