コンピュータのなかの人工社会: マルチエージェント シミュレーション モデルと複雑系

著者名 山影進、服部正太(編)
定価 本体 4,200円+税
発売元 共立出版(株)
刊行日 2002.08.10
ISBN-13 9784320097353
判型・頁数A5判、272ページ、CD-ROM付き

概要

本書は、マルチエージェントシミュレーションの可能性を社会現象への応用という方向に広げ、そして、いかにマルチエージェントシミュレーションが簡便容易にできるようになったかを示す一冊である。(株)構造計画研究所によって開発された、マルチエージェント・ シミュレータ、KK-MASを使ってモデルが構築されており、付属のCD-ROMにより、実際にシミュレーション・モデルを実行し確認することができる。

目次

第1部 社会の新しい見方と人工社会の構築

  • 社会への新しい接近法―マルチエージェントシミュレーションへの誘い
  • 「どろけい」ゲーム―単純な対抗関係から複雑な分業へ ほか

第2部 生態系と進化プロセス

  • アリの本質―繁殖と進化の単純なモデル
  • オオカミとヒツジ―捕食・被食系における群行動の重要性 ほか

第3部 ミクロな行動が創り出す秩序

  • 地域社会の住み分け―異文化接触と分居プロセス
  • 来園者に優しいテーマパーク―混雑緩和問題と情報の共有 ほか

第4部 国際社会のダイナミズム

  • 戦争と同盟の国際社会―勢力均衡か世界帝国か
  • 国民の統合と分裂―重層的文化と政治的アイデンティティの消長 ほか

本書に関するお問い合せ

共立出版(株)別ウインドウが開きます

TEL:03(3947)2511

FAX:03(3947)2539