地震時の構造不安定とその照査法

著者名 大塚久哲、為広尚起(著)
定価 3,800円+税
発売元 九州大学出版会
刊行日 2008.04.10
ISBN-13 9784873789613

概要

本書は、構造物の地震時不安定現象を予測する新しい解析手法である「増分形式座屈固有値解析」を詳細に解説するものである。振動中の不安定現象の代表例として「動的座屈」と「パラメトリック励振」を取り上げ、模型実験結果と解析結果を併せて示すことで、これらの現象を理解し、解析手法の有効性を認識できるようになっている。さらに座屈現象が現れない場合の余裕度の定量的評価、座屈現象への対処方法を決定するためのシミュレーション手法なども丁寧に解説されている。また、既設のアーチ橋の座屈性能照査事例や、耐震補強による座屈性能の改善が具体的に示されており、本手法を適用して、地震時不安定現象を見逃すことなく、地震に強い構造物の設計が行えるように配慮されている。

目次

  • 1 構造物の動的不安定
  • 2 動的構造不安定の定量評価指標
  • 3 実験による検証
  • 4 増分形式座屈固有値解析による地震時座屈照査手法
  • 5 座屈前後の状態評価
  • 6 適用事例
  • 7 本書のまとめと今後の展望

本書に関するお問い合せ

九州大学出版会別ウインドウが開きます

TEL:092(641)0515